泉大津市、和泉市及び高石市の環境事業に取り組む一部事務組合

> 環境部からのお知らせ > 『泉北環境整備施設組合「ボトルtoボトル」水平リサイクル事業』に関する事業連携協定に向けた公募型プロポーザル

『泉北環境整備施設組合「ボトルtoボトル」水平リサイクル事業』
 に関する事業連携協定に向けた公募型プロポーザル

 
 泉北環境整備施設組合(組合市:泉大津市、和泉市、高石市)(以下、「本組合」という。)では、現在、組合市内の家庭から排出されるペットボトルについては、資源化センター(エコトピア泉北)で選別、圧縮、梱包後、容器包装リサイクル協会との契約に基づいてベール品として引渡し後、再商品化事業者によりリサイクルされているが、リサイクル先を選択できず、繊維やシートなどペットボトル以外の用途にも再生されているのが現状である。
 この事業は、ゼロカーボンシティや持続可能な循環型社会の実現を目指し、本組合が独自に飲料メーカーと協定を結び、使用済ペットボトルを提供することで、本組合内において排出されるペットボトルを安定的に新たなペットボトルとしてリサイクルする「ボトルtoボトル」水平リサイクルを推進することを目的とする。


  事業者選定公募型プロポーザルの結果について